• TOP
  • 特集
  • BizmartRetailによる棚割情報の共有

特集|BizMartが提供する本部・店舗間情報共有とは

棚割情報の共有をNRIのASPサービスでサポート

棚割情報の共有は、バイヤー業務の重要な業務でありながら、多くの課題が存在しています。
NRIはこうした背景を改善すべく、インターネット網を有効活用した小売業務の高度化を図るASPサービスとして、『BizmartRetail』の棚割機能により、製・配・販での棚割情報の共有をご提供致します。

棚割情報の共有における課題

商品マスタと棚割マスタの管理課題

棚割の情報を取引先、小売本部、店舗で共有したい

POS情報と組み合わせて売場分析をしたい

棚割を行う端末すべてに棚割ソフトを導入しなければならない

BizmartRetail棚割機能の特徴

商品マスタと、棚用マスタをBizmart上で一元管理可能

取引先⇔小売本部⇔店舗の円滑な棚割情報の共有

POS情報と組み合わせて売場分析が可能

お手持ちのパソコンに棚割ソフトを導入する必要ありません

BizmartRetail棚割機能(イメージ1)

"BizmartRetail棚割機能"を導入することで、以下のような課題を解決いたします。

BizmartRetail棚割機能(イメージ1)

BizmartRetail棚割機能(イメージ2)

・棚割ソフトで作成した棚割データを読み込み、店舗に指示します。
・店舗から報告される実際の陳列情報を元にして、各種の指示が分かりやすく伝達できます。

BizmartRetail棚割機能(イメージ2)

BizMartは、チェーンストアの業務革新を強力に支援します。詳細な情報は、以下よりお問い合わせください。

  • メールでの資料請求・お問い合わせ

NRIの企業間業務向けASPサービス|ビズマートが選ばれる理由|詳しくはこちら

  • 資料請求はこちら
  • 特集|BizMart ECO(ビズマート・エコ)は、企業の日常的な調達購買活動を通じて、「コスト削減」を実現するシステムです。【コスト削減効果大】