BizMart導入事例

日本生命保険相互会社様 BizMartCLIP導入事例

BizMartClipを利用して保険料収納のキャッシュレスにより、
顧客サービス強化、コンプライアンスの向上、保険料収納業務の効率化と収益力の強化
を同時に実現しました!!

日本生命保険相互会社様

日本生命保険相互会社様(以下、「日本生命」という)は、BizMartCLIPのサービスを利用し、モバイル決済端末を使ったクレジット、デビットでの保険料収納を実現しました。
初回保険料のキャッシュレス化に加えて、2回目以降保険料の収納方法の設定も実現しています。
毎月の保険料をクレジットで収納する「クレジット払込」では、この収納方法の設定を決済端末からオンラインで瞬時に受け付ける機能を業界で初めて実現しました。
あわせて口座振替の申し込みについても同じ端末から同様に瞬時に受け付けることができるようになっています。
これらのキャッシュレス化、ペーパーレス化により大きな効果をあげられています。

お客様の声

顧客サービスの強化

クレジット、デビットでの保険料収納、2回目以降保険料の口座振替やクレジットでの継続的な払込の設定を、モバイル決済端末からオンラインで即時に行うことがきるようになりました。
これにより保険契約の申込時に「現金要らず、印鑑要らず、記入書類の削減」を実現し、お客様の利便性を飛躍的に向上しました。

コンプライアンスの向上

お客様の金融機関口座やクレジットカードから直接保険料を払込いただくキャッシュレス化により、現金の紛失や盗難といった事故が無くなり、とても安全な募集活動ができています。

保険料収納業務の効率化

つり銭準備、現金の授受、持ち帰った現金の拠点内管理および本店への振込等、これまでの大変な保険料収納事務から開放され、営業職員、事務職員が取り扱い事務の効率化を体感しています。
また、口座振替依頼書が不要となり、不備チェックなどの事務も不要になっています。
さらに金融機関での振替口座の設定リードタイム短縮により2回目保険料の延滞が減り、これによる集金事務の圧縮もできています。

収益力の強化

お客様に現金の持ち合わせがなくても、せっかくのチャンスを逃さずに済むようになりましたので契約のクロージング精度が上がりました。これにより営業効率が高まっています。
また持ち歩いている生活口座を自ら指定しての保険料収納となるため、保険料引落の延滞や失効が減り、契約継続率向上=収益力の強化の効果も出ています。

サービス構成イメージ図と機能概要

日本生命として今後のBizMartに期待すること

今回のプロジェクトにあたり、NRIからは弊社が求める新たなサービスの実現に向けて様々な提案がありました。本来であればこれまでの習慣や風土などの理由から実現が困難であった機能やサービスについても、プロジェクトに参加してくれたクレジットカード会社、金融機関、関連する協会団体と協議を重ね、最終的には保険会社として「真の効果を生み出せるキャッシュレスサービス」を実現してくれています。

NRIはシステムインテグレートを得意とするため、単なるキャッシュレスサービスの提供にとどまらず、要件定義段階から弊社の業務やシステムとの整合性を意識した活動をしてくれています。またシステム開発段階においても、基幹システム側の要件に柔軟に対応した開発及び運用設計を行ってくれました。

その成果の一つとして、2回目以降保険料のクレジットカード継続払込を実現しています。これらによりモバイル決済端末からオンラインでクレジットカード払込を設定する保険業界で初めての試みを実現し、またクレジットでの毎月の払込では保険会社の特性を十分考慮した設計を施し、結果、ご契約者様の利便性を向上するサービスに仕立てられています。

NRIは今回のサービスを構築するにあたり、保険会社のキャッシュレス化に精通したメンバーでチームを構成し、プロジェクト推進を行ってくれました。特にステークホルダーの多いサービスなので、弊社のPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)の立場で関係者を束ね、各種の調整をする活動をお願いしました。

2009年10月からは、こちらも関連協会団体との協議を経て、弊社営業職員の持つモバイル決済端末でニッセイ同和損害保険の損保商品販売のキャッシュレス化も実現しています。 今後もNRIの提案力、実現力に期待しています。

日本生命保険相互会社 営業企画部

USER PROFILE

本社 〒541-8501 大阪市中央区今橋3‐5‐12
設立 明治22年(1889年)7月4日
従業員数 63,802名(うち内勤職員 11,700名) (平成21年1月現在)
事業内容 1. 生命保険業 2. 付随業務・その他の業務
  • メールでの資料請求・お問い合わせ