BizMart導入事例

株式会社東急ストア様 BizMartRetail導入事例

お取引先様ー本部(商品部)ー店舗間の商品MD業務を
BizMartRetailの活用により、大幅に高度化!

株式会社東急ストア様

東急ストア様は、約100店舗の店舗展開を行なっています。
流通小売業では一般的にお取引先様との商談から始まり、本部(商品部)内での手続きを経て、店舗に指示・連絡が行なわれるMD業務範囲は、各商品情報の作成・店舗案内手段・基幹システムへの情報等が『バラバラ』に管理されており、二重・三重の情報作成の業務負荷が掛かっているのが一般的です。
東急ストア様はお取引先様との協働MDの推進、本部の業務負荷軽減、店舗への情報伝達をスピードアップ・効率化することにより、本部による店舗販売支援を更なる強化に取り組んでいます。

お客様の声

1、お取引先様との協働MDの実現

本部バイヤ-お取引先様間の情報のやり取りは、ツールや媒体、データフォーマットが『バラバラ』でした。社内ルールとして、商品マスターのフォーマットを全カテゴリを統一標準化したフォーマットとし、お取引先様に必要な情報をインターネット経由(BizMartRetail)で登録・共有できるよう協力頂き、この商品情報を本部店舗内で有効的に活用できるようになりました。

2、本部の業務負荷の軽減

お取引先様からの商品情報を効果的に社内システムにも連携し、基幹システムへの登録作業負荷軽減に効果を発揮しております。
また、お取引先様・商品部バイヤーとの商談記録は商品マスタとリンクされ、効率的な情報登録と管理がなされ、内部統制への対応と社内販促会議への資料としても利用しています。
資料作成の負荷を減らし、企画立案に多くの時間がさけるようになりました。

3、店舗への情報伝達をスピードアップ・効率化

本部で決定された売価の改変情報も含めた商品情報を店舗は、必要なタイミングで見やすい形式で参照できるようになり、本部の意思を理解した販売活動並びに消費者への問合せ対応につなげています。

BizMart適用業務範囲

BizMart適用業務範囲

今後のBizMartに期待すること

商品情報を有効的に活用し、将来棚割計画、販促企画等も利用していきたいと思います。また流通向けのASPサービスの拡大にも期待しております。

USER PROFILE

本社 〒153-8577 東京都目黒区上目黒1丁目21番12号
設立 昭和31年10月10日
資本金 108億38百万円(平成21年2月末現在)
従業員数 6,558名(平成21年2月末現在)
事業内容 一般食品、生鮮食品、衣料品、日用雑貨、生活関連商品 各種サービスにわたる総合小売業のチェーンストア
  • メールでの資料請求・お問い合わせ