NRIの流通業界への取り組み

NRIは過去40年以上にわたり、流通業界へのサービス提供を行なってまいりました。さらには業界活動への参画、各種研究開発(R&D)活動を通じ、流通業界の将来に対する展望を描きつつ、積極的な提言を行なっております。
以下はNRIにおける流通業界への取組みの成果です。

NRIの流通業界への取り組み|流通業界における活動事例

商品マスター関連

  • チェーンドラッグストア業界における流通システム標準化実証実験(経済産業省H20)
  • チェーンドラッグストア業界に関する流通システム標準化活動(経済産業省H19)
  • 中小事業者における商品データの活用ニーズ検証実験(経済産業省H19)
  • 商品データ共有システムの構築(経済産業省H18)
  • 商品マスタデータ同期化システム実証実験(経済産業省H17)
  • 商品マスタデータ同期化システム基本設計(経済産業省H16)
  • ネットワークを利用した商品マスター管理プロセスの有効性の調査研究(総務省H15)

RFID関連

  • 日配食品におけるクレート共用化に関する実証実験(経済産業省H19)
  • 食品流通における電子タグソースタギングと店舗活用に関する実証実験(経 済産業省H18)
  • ビール業界における業務用ガスボンベ運用おける電子タグ実証実験(経済産業省H18)
  • 日本版フューチャーストア実証実験(経済産業省H17)
  • 食品流通におけるパレット・ケース単位での電子タグ実証実験(経済産業省H17)

IT政策

  • 日本版フューチャーストア研究会(経済産業省H16)
  • 国際競争力回復のための企業のIT 化戦略研究会(総務省H14)

NRIの流通業界への取り組み|流通業界に関するホワイトペーパー

タイトル ファイル
2008 6 エリア・チャネル戦略と商品戦略の整合による利益創出効率の向上 PDFをダウンロード(700KB)
2008 6 変化を先取りするためのMD計画プロセスのポイント -標準業務設計書- PDFをダウンロード(700KB)
2008  6 機動的な計画シミュレーションの仕組み -MD計画業務支援サービス「BizMartSCOPE」- PDFをダウンロード(800KB)
2008  6 企業間連携を強化する情報武装 -「BizMart」の新たなサービス- PDFをダウンロード(1093KB)
2008  6 最重要課題となった内部統制の有効性評価 PDFをダウンロード(796KB)
2008  6 進化する部品調達のビジネスモデル -電子部品商社を支えるSCMソリューション- PDFをダウンロード(684KB)
2006  7 流通リ・コモンセンスが主導する2010年の流通業界再編 PDFをダウンロード(172KB)

NRIの流通業界への取り組み|流通業界関連のプレスリリース

月日 タイトル
2008 7.17 流通系マネーが急拡大、メイン電子マネーの座をめぐり競争が激化
~ 「電子マネーに関するアンケート調査(第2回)」を実施 ~
2008 5.22 「情報セキュリティに関するインターネット利用者意識調査2008」の結果公表
~ 情報セキュリティ意識の向上は、企業・組織における情報セキュリティ教育が重要 ~
2008  4.15 宣伝会議と野村総合研究所が「マーケティングデータ分析コンテスト2008」を開催
~ 消費者マーケティングにおける新たな法則や指標のアイデアを広く募集 ~
2008  3.13 ポイント・マイレージの2006年度発行額は6,600億円以上、2012年度は7,800億円超に
~国内9業界のポイント・マイレージ市場を推計・予測~
2007  12.19 BtoC ECが10兆円市場に、ブログ・SNSは年平均30%超の成長
~ 2012年までの国内IT主要市場の規模とトレンドを展望(2) ~
2007  10.26 「ポイント・マイレージに関するアンケート」を実施
~ ポイントの希望交換先は8割超が「現金」も、性・年代別で違い ~
2007 10.26 消費動向データの分析・提供サービスを開始
~買い物レシートを自動で読み取ったデータを電子家計簿に落とし、消費者の購買実態を“見える化” ~
2007 7.19 「電子マネーに関するアンケート調査」を実施
~保有者は全体の約5割、鉄道系電子マネーがシェア拡大の兆し~
2007 7.12 宣伝会議と野村総合研究所がマーケティングデータの分析コンテストを開催
~消費者マーケティングにおける新たな法則や指標のアイデアを広く募集~
2007 7.9 マーケティング効果測定ツール「INSIGHT SIGNAL」で個別消費者のメディア接触と購買行動を関連づけたデータを提供
~企業の広告宣伝・販促効果をより具体的に把握することが可能~
2007 1.16 酒類・飲料分野における流通高度化のための電子タグ実証実験を1月15日から実施
~「循環型通い容器」の管理業務の負担削減を目指す~
2006 10.11 「生活者1万人アンケート」で生活者の「流通チャネルの利用状況」を調査
~30代~50代男性を中心に一層利用頻度が高まったコンビニエンスストア~
NRI「生活者1万人アンケート調査結果」(3)
2006 10.5 「生活者1万人アンケート」で「インターネットを利用した消費スタイル」を調査
~商品購入のチャネルとしてインターネットが一般化~
NRI「生活者1万人アンケート調査結果」(2)
2006 10.3 「生活者1万人アンケート」で生活者の「景況感」を調査
~18.3%が「景気がよくなる」と実感、20.6%が今以上の収入を前提に将来設計~
NRI「生活者1万人アンケート調査結果」(1)
2006 9.14 流通ビジネスの将来展望に関するアンケート調査を実施
~2010年の流通は水平統合と垂直統合が繰り返される「スパイラル型再編」へ ~
2006 8.16 日本国内の「企業通貨」発行総額は4,500億円超
~主要9業界の2005年度の発行金額を推計~
2005 9.7 野村総合研究所が台湾最大の流通企業である統一超商のシステム子会社「統一資訊有限公司」に出資
~中国市場を睨み、アジアでの流通システムソリューションの提供を本格展開~
2004 7.27 個性と魅力ある個店をつくる経営人材育成事業を実施
~個人経営の飲食店、ファッション小売店向け経営者育成講座を今年度スタート~
2004 7.15 イトーヨーカ堂グループ新本部ビルに、通信コスト削減と共同マーチャンダイジングの強化を目的としたIP電話システムを導入
~IYグループの全国約1,000拠点にIP電話導入を拡大~
2004 2.27 小売業向けマーチャンダイジング基幹業務システム「Mastretail/SM」を発売
~ オープンソースを活用した基幹システムをセミオーダーメイドで提供 ~
2001 3.30 セブン‐イレブン・ジャパン、ソフトバンク・コマース、野村総合研究所-「Ariba Buyer」で間接材調達B to Bシステムの構築へ-
2000 11.1 イトーヨーカ堂のMD改革に向けた私設B2Bモデルを開発
1999 11.25 セブン-イレブンのインターネット代金収納サービスにショッピングモール向けの決済サービス機能を追加

NRIの流通業界への取り組み|流通業界の課題をトータルで解決する、NRIのBizMart

野村総合研究所は、長年にわたって培ってきた:

をベースに、幅広い業態の企業様向けに「情報共有の高度化」「業務の効率化」「コストの削減」をトータルに支援するASP型サービス、BizMart(ビズマート)を展開しています。BizMartは長年の実績と先進のソリューションを通して、みなさまとともにチェーンオペレーションの未来を創ります。

  • メールでの資料請求・お問い合わせ

NRIの企業間業務向けASPサービス|ビズマートとは

NRIの企業間業務向けASPサービス|ビズマートが選ばれる理由|詳しくはこちら

  • 資料請求はこちら
  • 特集|BizMart ECO(ビズマート・エコ)は、企業の日常的な調達購買活動を通じて、「コスト削減」を実現するシステムです。【コスト削減効果大】